DataHax、AIを利用したナンバープレート認識システム「AutoCodeβ版」リリース

DataHaxはAI(機械学習)を利用したナンバープレート認識システムの「MoterCodeβ版」のリリースを決定したと発表した。

既にナンバープレートの認識システムは多く販売されているが、認識精度を高めるためにカメラの選定やカメラの位置、照明の位置などハードウェア側にて精緻な設計が必要となる。その結果、導入コストが高額になるケースがあるという。また、ナンバープレートに使われる文字(地名やアルファベットなど)が継続的に追加されている。登録されていない文字が発生するためにバージョンアップが必要となり、バージョンアップに伴うコストがかかる場合が多くバージョンアップを見送る企業が多いという。

これらの問題に対して、AI(機械学習)技術とシステムのIoT化を用いて、荒い画像からでも手軽にナンバープレートの文字取得ができ、定期的にシステムの自動アップデートが可能なシステム「AutoCode」を開発。

ホテルや旅館などでは登録した車のナンバープレートから到着した客を特定しスムーズな接客が可能。工場などにおいても、自動で運搬場所の指定をすることが可能となる。また、来客の履歴を残すことによりセキュリティ面の強化にもつながる。その他にも、各種施設などで利用用途は多いという。

同社では、複数の企業によるβ版の利用を通して、更に認識精度の向上するため開発しており、現在、利用企業の募集をしている。希望の場合は下記メールアドレス、またはホームページから連絡する。

問い合わせ先:hello@datahax.jp

関連URL

DataHax

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-11-9

    Society 5.0的 タイムトラベル考察

    過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

注目記事

  1. 2021-1-25

    AI inside、自治体のワクチン接種管理業務効率化にAI-OCR「DX Suite」を活用

    AI insideは25日、新型コロナウイルスのワクチン接種が日本国内でも開始されることを受け、AI…

ピックアップ記事

  1. 過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る