AI顔認証」「非接触温度測定」などがセットになった「Smart checker」防衛省で導入

ゼンシンは15日、新型コロナウイルス感染・拡大防止の対策として「AI顔認識」と「非接触温度測定」と「非接触消毒液噴霧」が一体化した「Smart checker(スマートチェッカー)」が防衛省に導入さたと発表した。

「スマートチェッカー」は、マスクをしたままでもAIが顔を認証し、一次検温と消毒を一気に、どこにも触れることなく素早く行える感染症対策ツール。

例えば、離れた場所からのモニター確認で、別室での来場者チェックも可能になる。さらに非接触型の消毒液噴霧器がセットになっているので、「入り口に置くだけ」で感染防止対策が行える。飲食業、宿泊業などの接客業はもちろん、オフィスや病院、公共施設にも最適だという。

関連URL

ゼンシン 

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-11-9

    Society 5.0的 タイムトラベル考察

    過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

注目記事

  1. 2021-1-25

    AI inside、自治体のワクチン接種管理業務効率化にAI-OCR「DX Suite」を活用

    AI insideは25日、新型コロナウイルスのワクチン接種が日本国内でも開始されることを受け、AI…

ピックアップ記事

  1. 過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る