AI顔認証」「非接触温度測定」などがセットになった「Smart checker」防衛省で導入

ゼンシンは15日、新型コロナウイルス感染・拡大防止の対策として「AI顔認識」と「非接触温度測定」と「非接触消毒液噴霧」が一体化した「Smart checker(スマートチェッカー)」が防衛省に導入さたと発表した。

「スマートチェッカー」は、マスクをしたままでもAIが顔を認証し、一次検温と消毒を一気に、どこにも触れることなく素早く行える感染症対策ツール。

例えば、離れた場所からのモニター確認で、別室での来場者チェックも可能になる。さらに非接触型の消毒液噴霧器がセットになっているので、「入り口に置くだけ」で感染防止対策が行える。飲食業、宿泊業などの接客業はもちろん、オフィスや病院、公共施設にも最適だという。

関連URL

ゼンシン 

関連記事

注目記事

  1. 2021-6-24

    amulapo、VRやAR、AIの技術を用いた「バーチャル宇宙飛行士選抜試験」先行予約を開始

    宇宙の体験をつくる技術集団のamulapo(アミュラポ)は2020年度「いばらき宇宙ビジネス事業化実…
  2. 2021-6-22

    医療相談アプリ「LEBER」、「新型コロナワクチンの副反応」に関する機能提供を開始

    リーバーは22日、医療相談アプリ「LEBER」(リーバー)に「新型コロナワクチンの副反応」を相談する…
  3. 2021-6-21

    植物工場向けの授粉・収穫ロボットを開発するHarvestX、「HarvestX Lab」設立

    植物工場向けの授粉・収穫ロボットを開発するHarvestXは21日、アントレプレナーラボ(東京大学 …
  4. 2021-6-18

    MiR、新しい台車牽引ソリューションを発売 内部輸送の自動化を促進

    自律型モバイルロボット(AMR)で世界市場をリードするモバイル・インダストリアル・ロボット(MiR)…
  5. 2021-6-16

    WHILL、慶應義塾大学病院で自動運転モビリティサービスの実証実験エリアが2階に拡張

    WHILLは16日、慶應義塾大学病院で2020年9月から進めている外来受診の患者を目的地まで自動運転…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る