多言語AIチャットボット「ObotAI」が感情分析機能を公開

ObotAIが提供する多言語AIチャットボット「ObotAI」は16日、顧客・ユーザーの感情をAIが分析して判定する感情分析機能を公開したと発表した。

今回提供を開始する感情分析機能は、ObotAIによって投稿されたコメントから感情を分析・判定する機能。キーワードや言い表し方から、その内容のポジティブ/ネガティブをスコア(数値)で判定できる。また、熱量はマグニチュードで測ることが可能で、ObotAIの管理画面から顧客満足のスコアを簡単に抽出することが可能になるという。

感情分析機能によって「スコア」と「マグニチュード」が判定されることにより、ObotAIのチャットに寄せられたコメントをポジティブ/ネガティブに区分することができ、これらのデータを蓄積することにより、サービスの改善点やニーズを簡単に把握することができるという。顧客満足度の向上のみならず、マーケティングや新サービスの企画・開発などにご活用されることを期待するとしている。

関連URL

ObotAIのオプション機能・料金
ObotAIおよび本機能に関する問い合わせ
ObotAI  

関連記事

注目記事

  1. 2021-6-15

    AIポータルメディア「AIsmiley」、AI活用したサプライチェーン最適化カオスマップ公開

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…
  2. 2021-6-14

    名古屋市、「AI・IoT人材BOOSTプログラム」2コースの参加者募集開始

    名古屋市は14日、イノベーションの担い手を創出するため、起業や新規事業の開発を目指す人材を育成するプ…
  3. 2021-6-10

    オルツ、「AI GIJIROKU」がiPhoneとAndroidに対応

    デジタルクローン、P.A.I.(パーソナル人工知能)を開発するオルツは10日、同社の「AI GIJI…
  4. 2021-6-8

    「AI受診相談ユビー」、サービス開始1年で月間利用者数100万人を突破

    Ubieは8日、同社が提供する、生活者向けWeb医療情報提供サービス「AI受診相談ユビー」が、サービ…
  5. 2021-6-7

    エルピクセル、医用画像解析ソフトウェア「EIRL Brain Aneurysm」脳動脈瘤候補点の検出精度が向上

    エルピクセルは4日、医用画像解析ソフトウェアEIRL Brain Aneurysmについて、脳動脈瘤…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る