日本初の水害のAI保険金自動算出サービス「SOMPO水災サポート」提供開始

イードリーマーは20日、損害保険ジャパン (損保ジャパン)と共同で、水害のAI保険金自動算出サービス「SOMPO水災サポート」を開発、提供開始したと発表した。

昨今、日本国内では毎年のように台風や集中豪雨による水害に見舞われている。中でも突発的な集中豪雨による水害は今後もいつ起こるか予測が困難な状況。水害の被害に見舞われた場合、保険契約者は、保険金がいくら支払われるかを早期に確認し、被害の復旧にあたる必要がある。これまで水害の保険金を算出するには、現地調査が必要となり、体制構築まで数日~1週間程度を要してしまう課題があった。

この課題を解決するべく、イードリーマーと損保ジャパンは本サービスを共同で開発。顧客はスマートフォンで被災した家や部屋を撮影するだけで、保険金の目安をすぐに確認することが可能になるという。突然水害の被害に見舞われた場合にも早期に支払われる保険金の目安が確認でき、安心して復旧に着手することができる。

関連URL

イードリーマー

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る