AI身体採寸テクノロジーのBodygram、3Dアバターによる体型トラッキング機能実装

Bodygram Japan (ボディグラム)は10日、自社開発のAI採寸テクノロジーを搭載したアプリ「Bodygram」のより高度な活用を見据え、大型アップデートとして3Dアバターによる体型トラッキング機能を提供開始することを発表した。順次、App store及びGoogle Play storeでアップデート版を利用できる。

これら2つの新要素の実装により、ユーザーは採寸した身体データを数値ではなく3Dで視覚化されたアバターで確認することができ、データを蓄積することで体型変化の推移も3Dイメージで記録・確認することが可能になる。アバターを利用することで目標体型への進捗確認も手軽になり、健康管理にも活用できる。

また、コロナ禍で注目される遠隔医療、需要が急加速するおうちフィットネスにおいても、「Bodygram」を使用すればスマートフォン1つで体型変化の様子を記録・管理できる。この分野における第一ステップとして、フィットネステック領域でのBtoB連携を視野に開発・実装に至ったという。また、ユーザーを推定採寸し3Dアバター化することで、採寸に留まらずゆくゆくはエンターテインメント性も付加価値として提供出来ると考え、ヘルスケアやフィットネス領域はもちろん、将来的にはゲーミング等での活用も念頭に置いているという。

関連URL

AI身体採寸アプリケーションBodygram ダウンロードページ
App store
Google Pay store

Bodygram

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る