華和結HD、AIで和牛の個体識別 最新鋭鼻紋認証技術特許を取得

華和結ホールディングス(華和結HD)が投資・運営するAIプラットフォーム「AiBank.jp」は19日、AIで和牛を識別する鼻紋認証技術を開発し、特許を取得したと発表した。高度のニュートラルネットワークAIによる鼻紋認証技術の特許取得は日本初だという。(特許第6795243号)

AiBank.jpの和牛鼻紋認識技術イメージ

鼻紋認証技術は動物生体認証分野において最新鋭の技術。人に唯一無二の指紋があるように、牛などの動物も個体ごとに独特の鼻紋があるという。この認証技術によって従来の家畜管理方法に大きな進歩をもたらすことが期待されている。

近年の和食文化を追い風に、和牛は高級食材として世界中で知名度が高まっている。和牛の需要拡大に伴い、供給側もより高度な品種管理を求めるようになった。その重要手段の一つとして、鼻紋による個体識別が挙げられる。

従来の鼻紋採取は、ローラーにインクをつけ、牛を保定した上、インクを素早く牛の鼻に塗り、最後に和紙を牛の鼻に当てて鼻紋を写すというもの。

この一連の操作は完全手動で、熟練した作業員によって行われる必要がある。鼻紋の採取に人手と時間が掛かるだけでなく、牛にもストレスを与え、時には口蹄疫などの病気にかかることもあるという。採取されたデータは紙で管理されるため、紛失や破損、偽造のリスクがある。さらに、個体識別の際、鼻紋の照合は人目によって行われるため、誤差も生じやすい。

鼻紋認証技術はこれらの課題を解決し、デジタルの技術で農家の作業時間とコスト負担を1/20まで削減でき、全体的な生産効率の向上に大きく貢献することが期待されるという。

関連URL

AiBank

華和結ホールディングス

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-19

    人機一体、直感的な操作システム搭載人型重機が JR西日本の鉄道設備メンテナンスに導入

    人機一体は17日、同社のロボット工学技術が搭載された初めての製品となる「多機能鉄道重機」が、7 月か…
  2. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  3. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  4. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  5. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る