AQU先端テクノロジー総研、SF映画の未来技術に関する意識調査

民間の先端テクノロジーの調査会社、AQU先端テクノロジー総研は26日、SF映画の未来技術について、技術系会社員2300人を対象に意識調査を実施、その結果を公表した。

SF映画は人々に未来へのロマンや夢、仮想世界を楽しむなどの娯楽を与えてくれてる。これらの映画の中には未来に実現するかもしれないような技術が、描かれている。そこで、日頃から技術のことにふれる立場にある、技術系会社員2300人に対して意識調査を行った。

たくさんの映画作品の中から、SF映画14作品を抽出して質問したところ、バック・トゥ・ザ・フューチャーが最も満足度が高く、続いて、ターミネーター、マトリックス、トータル・リコール、アバター、未知との遭遇という結果になった。

SF映画に描かれている先端技術の真実性として、描かれているテクノロジーが「すでにあると思う」と最も高かったのは「宇宙船(円盤)」、続いて「クローン(人間)」、そして「若返り」、「タイムトラベル」だった。

未来の技術、先端テクノロジーについて、今後の開発に期待したり、使ってみたいものはありますか? と質問したところ、「若返り、アンチエイジング」、「テレポーテーション」が、ツートップ(42.7%)となった。続いて、「反重力クラフト」、「フリーエネルギー」、「音波治療器」、「常温超伝導」となった。この他としては、「ルッキンググラス」、「メドベッド」、「レプリケーター」などがあった。

調査は2021年4月19日~4月21日の間に、技術系会社員を対象に、インターネットを利用して20代、30代、40代、50代、60代以上(均等)、合計2300人の協力を得てアンケート調査を実施した。(有効回答数、2300人)

関連URL

AQU先端テクノロジー総研

関連記事

注目記事

  1. 2021-6-18

    MiR、新しい台車牽引ソリューションを発売 内部輸送の自動化を促進

    自律型モバイルロボット(AMR)で世界市場をリードするモバイル・インダストリアル・ロボット(MiR)…
  2. 2021-6-16

    WHILL、慶應義塾大学病院で自動運転モビリティサービスの実証実験エリアが2階に拡張

    WHILLは16日、慶應義塾大学病院で2020年9月から進めている外来受診の患者を目的地まで自動運転…
  3. 2021-6-15

    AIポータルメディア「AIsmiley」、AI活用したサプライチェーン最適化カオスマップ公開

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…
  4. 2021-6-14

    名古屋市、「AI・IoT人材BOOSTプログラム」2コースの参加者募集開始

    名古屋市は14日、イノベーションの担い手を創出するため、起業や新規事業の開発を目指す人材を育成するプ…
  5. 2021-6-10

    オルツ、「AI GIJIROKU」がiPhoneとAndroidに対応

    デジタルクローン、P.A.I.(パーソナル人工知能)を開発するオルツは10日、同社の「AI GIJI…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る