AIスマートチェックイン「maneKEY」がスマートロック「RemoteLOCK」と連携

ビジネスコンサルティング、システム開発などを行う電縁は11日、同社が提供するAIスマートチェックイン「maneKEY(マネキー)」が、構造計画研究所が提供するスマートロック「RemoteLOCK(リモートロック)」との連携を開始したと発表した。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、宿泊業界および民泊業界は感染拡大防止策を早急に実施し、客と従業員に安全なサービスを提供することが求められている。

全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会が発表した「宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン*1」では、デジタルツールを活用した「チェックイン手続き」「宿泊カードの記入」「物理鍵、カードキーの受け渡し」の非接触化を推奨している。

今回のRemoteLOCKとの連携により、maneKEYを利用する際のスマートロックの選択肢が増えることとなったという。宿泊事業者ごとに、よりマッチしたスマートロックが選択できることによって、宿泊者により安全な環境をご提供できることになった。

maneKEYは、AIによるパスポート読み取りや、QRコードにチェックインが可能な、宿泊施設のチェックイン業務を省力化するIoTソリューション。電縁では今後、スマートロックソリューション、サイトコントローラー(宿泊予約管理システム)、PMS(ホテル管理システム)各社との連携を引き続き拡充していく方針だという。

(*1)出典:全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会「宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン」

関連URL

maneKEY(マネキー)

構造計画研究所

電縁

関連記事

注目記事

  1. 2022-6-27

    仕事はもっと効率化できる!個人・企業向けAI文字起こしサービス「Notta(ノッタ)」

    【PR】 仕事を効率的に進めるために、「どのように対処すればいいのか」と悩んでいる人も多いではない…
  2. 2022-6-25

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る