AI特許類似文献評価システム『AI Samurai』に新機能『日米中横断調査』が追加

大阪大学と北陸先端科学技術大学院大学による発明創出AI企業、AI Samurai(エーアイサムライは15日、新機能『日米中横断調査』をリリースした。

『日米中横断調査』機能では、出願する発明内容(本願)を入力するだけで、日本・アメリカ・中国の3カ国での審査シミュレーションが数分で完了する。従来の調査に比べて、時間を大幅に削減できることが期待されている。審査シミュレーションの結果(文献の一覧、クレームチャート)は全てCSV形式で出力が可能。また、クレームチャートや文献の一覧から特許公報の詳細(明細書、図面など)を閲覧することも可能。

開発コンセプトは、スムーズな特許化・権利化には拒絶のシミュレーションが必要なのではないか?という考えに基づいているという。

特許を出願すると、審査は特許庁で行われる。特許に値する発明であると認められれば、特許として登録されますが、認められない場合は出願人に拒絶理由通知書が届く。このような場合、出願人や弁理士・調査員は、審査官が拒絶判断に対し、その根拠となる文献(拒絶理由通知書に記載される先行技術に関する引用文献。引例、引用例)を審査のシミュレーションによってピックアップし、事前に反論を用意しておきたいと考るという。

これは発明を構成する構成要件それぞれに、手順が必要であり、構成要件ごとの審査シミュレーションと引例に対する進歩性の反論準備を十分に行うことがスムーズな権利化を可能にするカギとなるから。日米中横断調査を活用することで、数分で日本・アメリカ・中国の3カ国でのシミュレーションができるので、出願までの時間を短縮したり、コストをかけずに反論を用意することもでき、より多くのアイディアを特許化・権利化できることができるという。

関連URL

AI Samurai

関連記事

注目記事

  1. 2021-10-21

    RADIUS5、漫画用の背景を生成するAI「Line Drawer」を大幅アップデート

    ラディウス・ファイブ(RADIUS5)は21日、Deep Learningを用いて漫画用の美術背景を…
  2. 2021-10-19

    Sapeet、AI姿勢分析の「シセイカルテ」が動画の分析に対応

    PKSHA Technologyの子会社で、3DアルゴリズムとAI身体分析テクノロジーを強みとするS…
  3. 2021-10-15

    TRUST SMITH、ロボットが物体を掴む上で最適な位置を検出するアルゴリズムを実用化

    最先端のAI・ロボティクスの技術を活用したソリューション提供を行うTRUST SMITHは15日、ロ…
  4. 2021-10-14

    QX PJ、量子コンピュータで空飛ぶクルマの交通制御の性能向上を実現

    量子コンピュータの力で社会を変革することを目指すQuantum Transformation Pro…
  5. 2021-10-12

    アイスマイリー、営業活動を自動化する「営業支援AIカオスマップ」を公開

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る