「スマートOCR」搭載したみずほ銀行の経理業務効率化支援サービスがリリース

アイリックコーポレーションの100%子会社であるインフォディオは10日、同社が独自開発した「スマートOCR」」が、みずほ銀行の「みずほデジタルアカウンティング」に搭載され、サービス提供を開始したと発表した。

「みずほデジタルアカウンティング」は、顧客が受け取った請求書の画像データをAI-OCRで読み取り、文字データに変換し、振込データと会計システムで取り込み可能な仕訳データを作成する経理業務効率化支援サービス。

「みずほデジタルアカウンティング」を利用することで、手作業で行っていた請求書入力業務を、AI-OCR(光学文字認識)によって省力化することができる。また、作成した振込データは、「みずほe-ビジネスサイト」と連携することで、本サービスからシームレスに振込依頼することが可能。

AI-OCRソリューションの「スマートOCR」は、これまでクラウドサービスとして多くの実績を重ねてきたことや、非定型帳票の読取精度の高さを評価いただいたことで、「みずほデジタルアカウンティング」の搭載AI-OCRエンジンとしての採用につながった。

一般的なAI-OCRソリューションでは請求書の請求元会社名や合計請求金額などは読取ることができるが、明細書の詳細データの読取までは苦手とされている。非定型帳票に特化した「スマートOCR」はフォーマットがばらばらであっても、明細の情報を読取ることを得意としており、とりわけ請求書のような取引先ごとに書式が異なる帳票においては最適なソリューションといえる。

また、「スマートOCR」は国税庁の確定申告書等作成コーナーの源泉徴収票OCRシステムに採用されたことや、国勢調査の帳票の読取に採用されるなど、大規模な案件での導入実績が豊富なことも評価につながったという。

関連URL

「みずほデジタルアカウンティング」
「スマートOCR」
インフォディオ
アイリックコーポレーション

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る