NVIDIA、AI アバター作成用プラットフォームを発表

NVIDIA は10日、インタラクティブな AI アバターを生成するためのテクノロジ プラットフォームである、NVIDIA Omniverse Avatarを発表した。

Omniverse Avatarは、音声 AI、自然言語理解、レコメンデーション エンジンおよびシミュレーションといった領域における、NVIDIA のテクノロジが組み合わされたもの。このプラットフォームで作成されたアバターは、レイトレーシングされた 3D グラフィックスによる、インタラクティブなキャラクターで、見ること、話すこと、多様な話題について会話することができ、自然に話された意図を理解することができる。

Omniverse Avatar は、ほぼすべての業界向けに簡単にカスタマイズできる AI アシスタントの創造への扉を開く。この AI アシスタントは、レストランでの注文や銀行取引、個人的なアポイントメントと予約といった、日々の数十億のカスタマー サービスのやり取りで使用することができるため、ビジネス機会の拡大と顧客満足度の向上につながるという。

Omniverse Avatar は、音声 AI、コンピューター ビジョン、自然言語理解、レコメンデーション エンジン、フェイシャル アニメーションおよびグラフィックスの要素を使用している。それらの要素は、以下のようなテクノロジによって実現している。

・音声認識は、複数言語の音声を認識するソフトウェア開発キットである NVIDIA Riva がベースとなっている。Riva は、テキストから音声に変換する機能を使って、人間と同じような会話応対を生成するためにも使用されている。
・自然言語理解は、人間の言語を認識、理解および生成することのできる、NVIDIA の Megatron 530B Large Language Model がベースとなっている。Megatron 530B は、ほとんど、あるいは全く学習することなく、複雑な文の作成、幅広い分野の質問への回答、長くて複雑なストーリーの要約、他の言語への翻訳、特別に学習されていない多くの分野への対応が可能な、事前に学習されたモデル。
レコメンデーション エンジンでは、大量のデータを処理して、賢明な提案をするのを可能にするディープラーニング レコメンデーション システムを構築するためのフレームワークである、NVIDIA Merlin が使用されている。

関連URL

Omniverse Avatar 

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  2. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  3. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  4. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  5. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る