AI-Lab、最新の自然言語処理AI技術開発に挑戦するパートナーを募集

AI-Labは11日、自然言語処理APIを使った新規ビジネスやサービスの創出、PoCなどに取り組むパートナー企業を募集すると発表した。

パートナー企業には、独自の自然言語処理APIの無料ライセンスを提供することで、同じ熱意を持ち共にAI技術の社会実装推進を目指すとしている。

独自の自然言語処理技術「機能素解析」「特徴語解析」は、契約書やカルテ、ニュース記事などの文字が大量に書かれた書類をAIが読解する。

単に品詞ごとに分解するものではなく、「語と語のつながり」並びに「語の機能(役割)」に着目することで、一般的な自然言語処理で用いられる「形態素解析」よりも高い精度で、特定要素の抽出や要約の作成ができることが特徴。同社では、この機能を「機能素解析」と呼んでいる。

また、最新のニュース記事をクロール後、機械学習を行い、名詞や述語の特徴度と重要度を分析。ポイント化された重要語のリストを自動作成しています。そのリストを使い、文章内での重要且つ特徴的な語句を解析することも可能。同社ではこの機能を「特徴語解析」と呼んでいる。

パートナー企業への応募概要

採択基準
・事業共創仮説をお持ちであること
・本格共同研究に進むにあたっての体制を整備いただけること
・イノベーション実現のための熱い気持ちをお持ちであること

応募の流れ
1.専用フォームから申込み
AI-Lab公式サイト内の応募フォームから企業概要と申込背景を送付。
2.弊社にて事業共創可能性の検討(一次審査)
申込内容をもとに可能性を検討。
3.弊社にてヒアリング・事業共創可能性の検討(二次審査)
必要に応じてNDAを締結し、具体的な内容を打合せ。
4.自然言語処理AIのAPIを提供
パートナー企業へ提供。
5.サービス開発
同社が提供したAPIをもとにサービス開発を依頼。
6.サービスの実証実験
7.サービスの開始 *期間は個別調整

応募フォーム 

関連URL

AI-Lab産学連携プロジェクト
AI-Lab

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  2. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  3. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  4. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  5. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る