asken、AI食事管理アプリ「あすけん」食事記録がさらに簡単・便利になる4機能をアップデート

会員数640万人の国内最大級AI食事管理アプリ「あすけん」の開発・運営を行うaskenは30日、顧客に感謝し、声をカタチにする「みんなの声をカタチに!#あすけん使い勝手向上プロジェクト」において、食事記録のアクションのしやすさを重視し、4つの機能の追加・UI改善を行ったことを発表した。

「あすけん」では、一般的な食事メニューから外食メニューまで、豊富なメニューデータから食事記録が可能。しかし、「おでん」や「焼き鳥」、「寿司」、「天ぷら」など、ひとつのメニューの様々な具材やネタを記録したい時に、1件ずつ検索をしなければならなかったため、「複数選択をできるようにして欲しい」という要望があったという。今回その悩みを解決する「複数選択」が可能となった。

7月から新機能として登場した「市販食品バーコード検索機能」は、市販食品のバーコード(JANコード)を読み取るだけであすけんのメニューデータベースにある市販食品の検索ができる機能。以前は、バーコード検索のボタンまでアプリ立ち上げから2ステップ必要だったが、ボタンをホーム画面に設置したことにより1ステップで読み取り画面が表示されるようになった。バーコードの読み取りで候補の市販食品が表示されるので、従来の商品やブランド名の入力による検索に比べ、簡単にメニュー検索ができる。

食事を検索して候補が「0」だった場合や、候補が多すぎて別のキーワードを入れて絞り込みたい、という場合に、以前は一度前の画面に戻って入力し直す必要があった。その手間を改善するために、検索結果の画面に「再検索窓」が表示されるようになったので、その画面から移動せずに再検索をすることができるようになった。

また、これまで、食事登録の画面で、削除したいメニューは画面右上のゴミ箱マークをタップしてから一つずつ選択する必要があった。今回の改善で、ゴミ箱マークは廃止となり、登録メニュー名の先頭に×マークが表示されるようになり、より分かりやすいUI(ユーザーインターフェース)に変更された。

関連URL

asken

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  2. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  3. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  4. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  5. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る