sweeepのAI-OCRがfreeeの請求書OCRエンジンとして正式採用

「働くを楽しく」をビジョンに掲げるsweeepは、独自開発したOCRエンジンが、freeeの請求書OCRエンジンとして正式に採用されたことを発表した。これにより同社サービスを利用の顧客だけでなく、freee会計の法人プロフェッショナルプラン以上を利用の顧客が同社の高精度なOCR技術を体験できるようになった。

OCR(Optical Character Recognition/Reader)とは文書などに書かれた文字を読み取り、デジタルデータに変換する技術または同技術を搭載したソフトウェアを指す。また、読み取る機能のみを指してOCRエンジンと言われる。

sweeepのOCRエンジンは、AI技術を組み合わせたAI-OCRエンジン。機械学習により文字の認識精度を高め、帳票フォーマットの設定をせずに日付・金額などの項目を自動抽出することができる。また、独自の開発技術により、高速かつ高い精度での読み取りを実現。請求書ファイルをアップロードするだけで、素早くデータ化することができる。

sweeepは請求書の回収から仕訳・振込・保管など、経理が課題としていた業務フローを一気通貫で解決できるクラウドサービス。98.5%の読取精度を持つ独自のOCRエンジンとAI技術により、アップロードされた請求書100枚をたった数分で自動仕訳判定、会計処理する。

経理処理の前後のフローをカバーするオンライン回収機能やJIIMA認証を取得した電子帳簿保存法対応(スキャナ保存)機能も備えており請求書処理におけるあらゆる課題に適合可能。さらに、請求書のクラウド受取が可能なatenaやクラウド会計freeeとの連携など、受取請求書に関わる全ての処理をサポートすることで、経理担当者の負担を大幅に軽減する。

関連URL

「sweeep」
sweeep

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-19

    人機一体、直感的な操作システム搭載人型重機が JR西日本の鉄道設備メンテナンスに導入

    人機一体は17日、同社のロボット工学技術が搭載された初めての製品となる「多機能鉄道重機」が、7 月か…
  2. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  3. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  4. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  5. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る