sweeepのAI-OCRがfreeeの請求書OCRエンジンとして正式採用

「働くを楽しく」をビジョンに掲げるsweeepは、独自開発したOCRエンジンが、freeeの請求書OCRエンジンとして正式に採用されたことを発表した。これにより同社サービスを利用の顧客だけでなく、freee会計の法人プロフェッショナルプラン以上を利用の顧客が同社の高精度なOCR技術を体験できるようになった。

OCR(Optical Character Recognition/Reader)とは文書などに書かれた文字を読み取り、デジタルデータに変換する技術または同技術を搭載したソフトウェアを指す。また、読み取る機能のみを指してOCRエンジンと言われる。

sweeepのOCRエンジンは、AI技術を組み合わせたAI-OCRエンジン。機械学習により文字の認識精度を高め、帳票フォーマットの設定をせずに日付・金額などの項目を自動抽出することができる。また、独自の開発技術により、高速かつ高い精度での読み取りを実現。請求書ファイルをアップロードするだけで、素早くデータ化することができる。

sweeepは請求書の回収から仕訳・振込・保管など、経理が課題としていた業務フローを一気通貫で解決できるクラウドサービス。98.5%の読取精度を持つ独自のOCRエンジンとAI技術により、アップロードされた請求書100枚をたった数分で自動仕訳判定、会計処理する。

経理処理の前後のフローをカバーするオンライン回収機能やJIIMA認証を取得した電子帳簿保存法対応(スキャナ保存)機能も備えており請求書処理におけるあらゆる課題に適合可能。さらに、請求書のクラウド受取が可能なatenaやクラウド会計freeeとの連携など、受取請求書に関わる全ての処理をサポートすることで、経理担当者の負担を大幅に軽減する。

関連URL

「sweeep」
sweeep

関連記事

注目記事

  1. 2022-11-17

    ジョリーグッド、福岡大学と共同開発した「看護基礎教育VR」を学会で初公開

    ジョリーグッドは、12月3日〜4日に広島で開催される「第42回日本看護科学学会・学術集会」のセミナー…
  2. 2022-11-15

    AI作曲サービスSOUNDRAW、AI音楽に合わせて動画を自動生成するアプリ「BAEMOS」共同開発

    SOUNDRAWは15日、広告事業を手掛ける大広WEDOと連携して、企業のUGCマーケティングを推進…
  3. 2022-11-14

    MIXI、会話AIロボット「Romi」の導入+家のネット環境をワンストップで提供

    MIXIは、 日本PCサービスと提携し、日本PCサービスから、同社が提供する会話AIロボット「Rom…
  4. 2022-11-9

    洗剤を使わないコインランドリー「wash+ 」中葛西店・明海店でロボホン接客サービスを開始

    全国にコインランドリーを展開するwash-plusは9日、洗剤を使わないコインランドリー「wash+…
  5. 2022-11-7

    スキルプラス、AI顔認識技術のデジタル名刺とデジタルヒューマンの営業代行サービスを開始

    AI技術を採用したプラットフォームを独自開発しているスキルプラスは7日、AIを用いた顔認識技術とスマ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る