Citadel AI、画像AIの弱点を瞬時に自動テストする「Citadel Lens」画像版をリリース

Citadel AIは13日、画像認識AI向けに自動耐性テストを行う「Citadel Lens(シタデル・レンズ)画像版」の提供を開始した。

需要予測・物流管理・与信審査・広告など、数値や文字データに基づいて推論を行うAIから、画像診断・不良品検査・安全管理・事故査定など、画像データを活用したAIまで、顧客のAIシステムを改修することなく、汎用的に適用することができる。AIの開発時に、どのようなテストを実行したら良いのか、悩む必要はないという。

Citadel Lens画像版では、カメラの性能、外部環境、被写体との位置関係など、現実に起こり得る環境変化に即した補正加工画像(オーグメンテッド・データ)を、元データから自動生成し、顧客のAIの「ノイズ耐性テスト」を即座に実行することが可能。

また画像に付加されたメタデータや、画像固有の明るさ等の特徴量を組み合わせ、人手ではなかなか検出できないAIの弱点を、自動的に深堀りして探り出す「バイアスの自動検出機能」を搭載、精度の出ていないデータセグメントを容易に確認することができる。撮影した工場、アノテーター、画像の明るさ等、さまざまな視点から、AIの精度を簡単に分析・比較した上で、再学習すべき画像を炙り出すことが可能だという。

さらに、「ラベル付け間違えの自動推測機能」や、最近話題になっている AIの中に潜む「公平性テスト」「説明責任の可視化」も即時に実行、AIが不適切な学習をしていないか、確認することもできる。

今回の画像版の追加により、Citadel Lensは、需要予測・出入荷予測・与信審査・不正検知・広告効果やチャーン(解約)予測といった、数値や文字データに基づいて推論を行うAIから、画像診断・不良品検査・安全管理・事故査定といった画像データを活用したAIまで、 顧客のAIシステムを改修することなく、幅広く汎用的に適用できるようになる。

関連URL

Citadel AI

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  2. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  3. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  4. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…
  5. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る