ダイヤサービス、ドローン国家資格の修了審査完全準拠ドローン「TOMCAT P-01」の受注・販売開始

ダイヤサービスは5日、国家資格取得の際、登録講習機関において行う終了審査に完全準拠した機体の受注・販売を開始したと発表した。

登録講習機関の終了審査で使用する機体については、国土交通省より様々な要件が求められている。

しかしながらこれら要件を満たす機体は数少なく、要件を満たす一部機体についてはオークションで中古品が新品以上の価格で取り扱われているケースもあるという。

同社自身が登録講習機関としての申請を行うにあたり要件を満たす機体が必要としたことから、同社取引先ドローンメーカー五百部商事に要件に適合するドローン開発を依頼、今般、一般向けに受注・販売開始することとした。

機体概要
(1) 主要機能
水平位置安定機能(GNSS ON/OFF切替可能)
垂直位置安定機能(気圧センサー ON/OFF切替可能)
姿勢安定機能
映像伝送機能
前後識別用LED
プロポオーバーライド機能
自律飛行機能
自動帰還機能

(2) 主要諸元
機体寸法( W*L*H , mm) 300*300*200(プロペラ含まず)
プロペラ 9.4インチ
バッテリー 4S 5,000mAh HVLipo
重量 1,490g(プロペラガードおよびバッテリー装着時)
最大離陸重量 1,700g
飛行時間 約18分(無負荷時)
最大耐風性能 8m/s
防水性能 なし(雨天時運航不可)
動作保証温度 -5度〜35度
制御装置 Radio Link Pixhawk 2.4.8
操縦装置 Futaba 10J(講師用)/Skydroid T12(生徒用)
GCS Mission Planner / QGroundControl

価格
(1) 本体セット価格
29万8000円(税別)
セット内容 本体(リモートID内蔵)×1機、プロポ×2台、バッテリー×1本、カメラ、プロペラ×4本、プロペラガード×1セット
※充電器は別売りです。4S HVLiPoが充電可能なものをご使用ください。
※カメラの映像表示には、別途Android OSタブレット・スマホが必要です。

(2) オプション価格
FLY SAFEパック ※ 6万円(税別)
追加バッテリー 1万円(税別)
バッテリー充電器 6900円(税別)
交換用プロペラ
(4枚セット) 2200円(税別)

関連URL

ダイヤサービス

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る