アドビ、新たなジェネレーティブ AI「Adobe Firefly」を発表

アドビ(米国カリフォルニア州サンノゼ)は21日、画像生成機能およびテキストエフェクトを中心とした、クリエイティブなジェネレーティブ AIモデル「 Adobe Firefly 」を発表した。

将来的にはAdobe Creative Cloud、Adobe Document Cloud、Adobe Experience Cloud、Adobe Express のワークフローに直接搭載され、コンテンツの作成・修正作業にさらなる精度、パワー、スピード、手軽さをもたらすことになるという。

Fireflyは、アドビのクラウドアプリケーションを横断する、新しい Adobe Senseiのジェネレーティブ AI サービスシリーズの一部となる予定。

アドビは10年以上にわたるAIイノベーションの歴史を持ち、Adobe Sensei を通じて何百ものインテリジェントな機能を、何億人もの人々が信頼しているアプリケーションに提供している。

Adobe Photoshop の「ニューラルフィルター」、Adobe After Effects の「コンテンツに応
じた塗りつぶし」、Adobe Experience Platform の「アトリビューション AI」、Adobe Acrobat
の「Liquid Mode」などの機能を活用し、パワー、精度、スピード、手軽さをもって、何十億ものコンテンツの作成、編集、測定、最適化、レビューをおこなっている。これらのイノベーションは、説明責任、社会的責任、透明性というアドビの AI 倫理原則に沿って開発、展開されている。

今回の発表に伴い、アドビは21日、Adobe Firefly のプライベートベータ版を公開た。こ
れにより、経験やスキルを問わず、すべてのクリエイターが高品質な画像生成や卓越したテキストエフェクトを体験できる。また、アドビはテクノロジーの力を最大限に発揮するには、
人間の素晴らしい想像力が必要不可欠であると考えており、プライベートベータ版のプロセスを通じてクリエイティブコミュニティやユーザーと深く関わりながら、この革新的な技術を進化させ、アプリケーションへの統合を予定している。

「 Adobe Firefly 」紹介動画

関連URL

「Creative Cloud」
「Adobe Sensei」
アドビ

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る