シナモンAI、汎用AI-OCR「Flax Scanner for 貿易書類 Commercial Invoice汎用モデル」販売

国内の大手企業へAI(人工知能)ソリューションを提供するシナモン(シナモンAI)は9日、世界中で広く使われながらも、国や企業ごとにフォーマットが異なる貿易書類のCommercial Invoiceに、54項目を自動認識してテキストを抽出するオリジナルのAI-OCR「Flax Scanner for 貿易書類Commercial Invoice汎用モデル」を販売開始した。

Commercial Invoice のようなフォーマットが無数に存在する書類を書き出すことが可能な AI-OCR システムの開発には、抽出項目の認識定義を必要としない高度な AI-OCR の技術(特徴量学習型)が必要。今回発表する特徴量学習型のAI-OCR「Flax Scanner for 貿易書類 Commercial Invoice汎用モデル」は、使用頻度の高い優先度などで整理した54項目を自動で行うことができるほか、特に重要度の高い24項目は、文字単位精度で平均91.24%、項目別精度で平均82.74%と、高精度の読み取りを実現している。AIは、専用モデル構築までのコストと時間が不要で、スピーディに導入することができる、汎用性の高い高精度なAI-OCRにより、貿易業界のDXを推進していく。

「Flax Scanner for 貿易書類 Commercial Invoice汎用モデル」は、輸出者・輸入者(メーカー/商社など)、船会社、航空会社、フォワーダー、保険会社(損保)、銀行など、貿易書類を扱う堅実な企業で導入することが可能で、これはシナモAIの高いAIテクノロジーにより実現した。

シナモンAIは今後、Commercial Invoiceに続くテニーズのあるPacking List(梱包明細書)、Bill of Lading(船荷証券)、Arrival Notice(貨物通知)など、帳票ごとの汎用AI-OCRの開発・導入拡大を目指すという。

問い合わせ先

関連URL

シナモン

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-17

    ホープリヴス、生成AIでモデル撮影の時間とコストを大幅削減「アイファモ」をリリース

    ホープリヴスは14日、サービス展開しているAIキャスティで、アパレル業界の撮影プロセスを根本から変革…
  2. 2024-5-17

    アイスマイリー、AIの導入を促進させる「生成AI導入ガイドブック」リリース

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは13日、AI導入推進の一環として、…
  3. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  4. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  5. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る