アスク、OpenSpaceウェビナー「360度カメラとAIを活用した建設業界におけるDX」開催

アスクは、米国OpenSpace社と共同で、AI技術を用いた建設DXツール「OpenSpace」を紹介するウェビナー「360度カメラとAIを活用した建設業界におけるDX ~BIM/CIMの活用、様々な撮影方法のご紹介~」を6月23日に開催する。

OpenSpaceは、次世代の360度映像記録作成プラットフォーム、パワフルなシステム連携機能、業界最先端のAI分析ツールから構成されており、主に建設現場の進捗管理に利用されている。360度カメラをヘルメットに取り付けたり、ドローンに搭載し、現場を巡回するだけで、簡単な操作と驚異的なスピードで現場を完全に記録し、図面に反映させることができる。データはクラウドに保存され、いつでもどこでも現場の状況を確認することができる。

また、タスク管理やタグ付け、コメントによってプロジェクトを円滑に進めることができる。さらに、BIMデータや過去の画像との比較表示も可能で、施工の進捗状況や計画との差異を簡単に把握できる。

映像記録の作成・管理により、現場を可視化し、プロジェクトの信頼性向上やリスクの抑制、係争や齟齬の解決にも役立てることができる。さらに、AIを利用した「OpenSpace Track」機能により、中立的で定量的なプロジェクトの進捗評価が可能。

OpenSpaceは、ゼネコン/サブコンや地方自治体などの建設業者・建設会社の経営者、管理者、技術者だけでなく、建設業界に関わる政府機関や地方自治体の担当者、建設関連業界のサプライヤー・メーカーなどで幅広く利用されており、DX推進やBIM推進などの課題に対して、効率的かつ効果的なソリューションが提供される。

今回のウェビナーでは、デモを交えてOpenSpaceの製品概要や新機能の使い方を説明し、さらに、実際にOpenSpaceを業務で活用されているパナソニック建設エンジニアリングから、OpenSpace導入により、施工の記録と管理の効率化、コストダウンをどのように実現できたかしたかについて紹介する。

開催概要

開催日時: 2023年 6月23日(金)15:00~16:30
開催会場: Zoom(オンライン)
参加費: 無料
参加定員:最大100名

参加申込み

関連URL

「OpenSpace」
OpenSpace
アスク

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  2. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  3. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  4. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  5. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る