Qin、ChatGPTのAPIを活用するSlackアプリ「Assort」をアップデート

Qin(シン)は21日、ChatGPTのAPIを活用するSlackアプリ「Assort(アソート)」をアップデートしたと発表した。

このアップデートにより、アプリの操作性が大幅に向上し、利用企業がより迅速かつ効果的にデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めることが可能になる。

AIに事前情報をインプットすることで、その情報に基づいた回答が可能となる。例えば、「参考文献を必ず返してください」という事前情報をインプットすると、AIからの返信に参考文献(URLや論文など)が含まれるようになる。

さらに、チャンネルごとにモデルの変更も可能となり、近日中にGPT-4のモデルも利用できるようになる予定。

ChatGPT公式同様、AIの返信がストリーミング形式で行われるようになった。これにより、即座に回答を読むことが可能となり、返信待ちの時間が短縮される。

「Assort」の利用方法(資料請求は不要、30秒で設定できる)
1.公式ページ の「Slackに追加」ボタンを押す。
2.利用したいワークスペースを選び、「Assort」をインストールする。
3.Slackの好きなチャンネルに「Assort」のBOTを招待する。`/invite @Assort` コマンドで可能。
4.チャンネルで @Assort を入力し、テキストを投稿すると、ChatGPTからのレスポンスが返ってくる。

関連URL

「Assort」
Qin

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  2. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  3. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  4. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  5. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る