ギブリー、ヤッホーブルーイングにChatGPT活用プラットフォーム「法人GAI」提供開始

法人・行政向け業務改善ツール、AIチャットボット、AI-FAQなどを提供するギブリーは28日、ヤッホーブルーイングに法人向けChatGPT活用プラットフォーム「法人GAI powered by GPT-4(法人GAI)」の提供を開始したことを発表した。

法人GAIは、法人向けのChatGPT活用プラットフォーム。自社専用環境で情報漏えいを抑止しながらChatGPTを利用できる。

機密情報のマスキング機能の他、ボタン一つで簡単に業務効率化できる「プロンプトレシピ」機能を搭載。その他にも、プロンプトエンジニアリング研修や生成AI活用コンサルティング、企業独自の生成AI環境構築を支援する「『X-GAI』開発支援サービス」を提供している。

『よなよなエール』で知られるヤッホーブルーイングは、「ビールに味を!人生に幸せを!」というミッションのもと、日本のビール文化にバラエティを提供し、顧客にささやかな幸せを届けるという想いで、品質にこだわった個性的で味わい豊かなクラフトビールを製造しているという。

ヤッホーブルーイングは、企業として生成AIの利用を制限することによって、相対的な競争力が低下するリスクが高まると考え、ChatGPTの導入に向け、具体的な業務利用を通じた検証が可能な環境を検討していた。

ChatGPTの業務使用にあたって、入力したデータが学習に利用されない点が重要な点だった。また、ヤッホーブルーイングではチャットのユーザインタフェースも一緒に提供してくれるサービスを探していた。

「法人GAI」はこうした条件に合致し、イニシャルコストを抑えながら迅速にChatGPTの利用環境を構築できるという点が決め手となり、導入が決定した。

同社では今後も、様々な業種・職種における「法人GAI」の利用ニーズへ対応するため、機能開発を進めていくという。

すでに、各業務シーンに対応したGAIへの指示をワンクリックで可能にする「プロンプトレシピ」の提供を開始している。

現在第1弾として、営業事務工数の88%(*同社調べ)を削減する「営業アシスタント機能」を提供しており、今後マーケティング・採用・バックオフィス等の業務に対応した「プロンプトレシピ」を100種提供するべく、開発を進めている。

プロンプトレシピについて

関連URL

「法人GAI」
ギブリー

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  2. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  3. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  4. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…
  5. 2024-5-17

    ホープリヴス、生成AIでモデル撮影の時間とコストを大幅削減「アイファモ」をリリース

    ホープリヴスは14日、サービス展開しているAIキャスティで、アパレル業界の撮影プロセスを根本から変革…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る