アイスマイリー、AI-OCR特集号を公開 最新の活用事例を紹介

AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは15日、AI導入推進の一環として、AI企業6社の事例、AI-OCRサービスのユースケースや製品の特長をまとめた「AI-OCR特集号」を公開した。

AI-OCR は、AI 技術と光学文字認識(OCR)技術を融合させたシステム。画像やスキャンされた文書からテキストを自動抽出し、デジタルデータとして認識する。AI 技術が組み合わさることで、従来のOCRよりも高い柔軟性と精度を持ち、機械学習と深層学習アルゴリズムを活用して非定型の書類や手書き文字にも対応できるものが登場している。

ビジネス分野では、請求書や契約書の自動処理、文書のデジタル化など、企業の生産性向上やデータ管理の改善に役立っており、AI-OCR は、ビジネスの可能性を拓く重要なテクノロジーとして注目されている。

■AI-OCRサービス提供企業
・インフォディオ
└「これ一つで電子帳簿保存法にまるごと対応可能」
・AI inside
└「高精度にデータ化し業務プロセスの効率化へ」
・Cogent Labs
└「事前定義レスで明細項目も高精度にデータ化」
・TIS
└「電帳法DXで業務効率化・法令順守を実現」
・Deepwork
└「電子帳簿保存法への対応に加え、定型フォーマットの書類の入力作業まで自動化」
・ペイトナー
└「小規模事業者の請求書払いはこれ一つで完結」

■「AI-OCR特集号」の入手方法
「AI-OCR特集号」(PDF)希望者は、問い合わせフォームに必要事項記入の上、 お問い合わせ内容欄に「AI-OCR特集号」希望と記載し送信する。
問い合わせ完了後に登録されたEメールにAIsmileyの担当から「AI-OCR特集号」(PDF)をメールにて送付する。

問い合わせフォーム

関連URL

「AIsmiley」
アイスマイリー

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る