空色、AI技術活用したWeb接客ソリューションを小田急へ提供

空色は26日、同社が開発したWeb接客ソリューション「OK SKY」を小田急電鉄が採用したと発表した。

「OK SKY」は、チャット形式で顧客からの問い合わせにリアルタイムで応対できるサービス。

小田急電鉄では、公式ホームページや・スマートフォンアプリに本ソリューションを活用することで、7月1日から「お忘れ物の保管状況」や「特急ロマンスカーの空席状況」に関する照会をチャット形式で受け付けるサービスをスタートする。同社ではサービス運用に必要な業務設計等も担い、新たな業務フロー構築の支援も行った。

近年、日本が抱える人口減少は深刻であり、それに伴う労働人口の減少も問題化している。また新型コロナウイルスの影響による顧客応対体制のあり方を早急に見直している企業が急速に増加。利用者からのWeb接客ニーズも高まり、全体的なサービス利用率が2倍以上に拡大しているという。

お客さまが必要とされているときに瞬時に手を差し伸べる、そんなお客さまや企業にとっても効率的で利便性のあるサービスを提供して参ります。

関連URL

小田急電鉄ホームページ
「OK SKY」

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る