AIチャットボット「Bebot」、ウィーン国際空港エリアで「混雑平準化」をリリース

ビースポークは16日、訪日外国人向け AI(人工知能)チャットコンシェルジュ「Bebot」のサービス提供を「AirportCity Vienna」(ウィーン国際空港)で開始したと発表した。

スマートフォンを通じて、空港や周辺エリアを利用する旅行者の質問やリクエスト対応のリアルタイム化だけでなく、コロナ対策の一環として、混雑状況に応じた交通手段や施設案内情報を提供する。

今回の導入により、「人材配置最適化・コスト効率化」、「混雑状況可視化によるソーシャルディスタンスの確保」、「人々の流動促進」の3つのポイントで、AirportCity Viennaのニューノーマル対応をサポートするという。

関連URL

ビースポーク

関連記事

注目記事

  1. 2021-9-22

    宇宙ミュージアムTeNQ、AI案内ロボット展示物解説サービス開始に向け試験導入

    東京ドームシティの黄色いビルにある宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)では、サービスロボットのロー…
  2. 2021-9-21

    XNOVA、クラウドファンディングで「AI絵画×NFT」プロジェクト始動

    AIやブロックチェーンなど最新のテクノロジーをテーマに製品開発やクラウドファンディングの企画・運営を…
  3. 2021-9-17

    ヒトとロボットが共生するライフスタイルの発信拠点「PARK+」渋谷にオープン

    “パートナーロボットと暮らすライフスタイルを当たり前の世の中に”という想いのもと、ヒトとロボットが共…
  4. 2021-9-16

    大和書房、ロボットデザイナー・松井龍哉氏 初の単著発売

    大和書房は、『優しいロボット』(松井龍哉 著)を18日に発売する。 著者の松井龍哉氏は世界のロ…
  5. 2021-9-15

    SkyDrive、大阪府・大阪市と「空飛ぶクルマ」実現に向けた連携協定を締結

    「空飛ぶクルマ」および「物流ドローン」を開発するSkyDriveは15日、大阪府及び大阪市と、大阪で…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る