Casa、AIスタートアップ燈と共同で保証審査におけるAI審査の試験導入を開始

Casaは21日、人工知能研究の東京大学 工学系研究科 松尾研究室発AIスタートアップ燈と共同で、保証審査におけるAI審査の試験導入を開始すると発表した。

現状の保証審査では、過去実績データを基に独自のスコアリング審査を行っている。この審査は、確認項目が多いうえ、難易度が高い場合には、さらに個別に審査を行う。これらによる人的リソースや審査時間などの解消が課題になっている。

また保証の仕組みでは、審査基準の引き上げは通過率を下げ、取引の機会損失を招く。その一方で審査基準の安易な緩和は、滞納リスクを高め、貸倒損失が増加する可能性がある。

同社はこれらの課題解決のため、燈と共同で保証審査を行うAIの検証を行っており、この度、試験導入を開始する。

AI審査では、長期間の滞納リスクや事故発生状況の割り出しなど統計的な分析、学習を行い、審査基準を最適化していく。

この取り組みにより、的確な保証審査を実現し、工数の多くをAIによって処理することで収益の最大化とサービス品質の向上を可能にするという。

関連URL

燈 
Casa

関連記事

注目記事

  1. 2022-7-26

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…
  2. 2022-7-19

    CAC、準天頂衛星システム「みちびき」とブロックチェーンで配達員保険システムの実証実験

    社会や産業のデジタルイノベーションに取り組むシーエーシー(CAC)は19日、準天頂衛星システム「みち…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る