AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」、契約書の担当者一括設定機能を追加

AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」を提供するLegalForceは21日、「LegalForceキャビネ」に格納されている契約書に対し、一括で担当者を設定・変更できる機能をリリースしたと発表した。これにより、担当者管理にかかる時間とミスを削減し、契約管理体制の構築と契約リスクの制御を実現する。

「LegalForceキャビネ」は、契約書をアップロードするだけで契約書情報を自動でデータベース化し、契約リスク管理体制の構築を実現させる、AI契約管理システム。契約管理体制を実現するためには、契約書を管理する担当者によって、適切なタイミングで、契約の更新拒絶をしたり、契約をまき直したりする必要がある。

しかし、契約書の担当者が正しく設定されていないと、契約の更拒絶期限や終了日が迫った際、担当者不在のままで、適切な対応が為されない。また、これまでは契約書一件ずつに担当者を設定する必要があり、多くの時間を要するだけでなく設定ミスが生じる可能性があった。

担当者一括設定・変更機能のリリースによって、複数の契約書を選択し、担当者の一括設定・変更が可能となる。その結果、契約書が担当者により適切に管理され、契約書の管理体制の構築と、契約リスクの制御を可能とする。

「LegalForceキャビネ」は、AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」で培った自然言語処理技術と機械学習技術を活用することで、自動で契約データベースを作成し、締結済の契約書の管理を自動化するシステム。契約書をアップロードするだけで、自動で文字起こし、契約情報(「タイトル」「契約締結日」「契約当事者名」、「契約開始日、終了日」等)の抽出を行い、検索可能なデータベースに組み上げ、契約書の一元管理を実現すると同時に契約リスクを制御可能にする。

関連URL

「LegalForce」 
「LegalForceキャビネ」
LegalForce 

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る