AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」、契約書の担当者一括設定機能を追加

AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」を提供するLegalForceは21日、「LegalForceキャビネ」に格納されている契約書に対し、一括で担当者を設定・変更できる機能をリリースしたと発表した。これにより、担当者管理にかかる時間とミスを削減し、契約管理体制の構築と契約リスクの制御を実現する。

「LegalForceキャビネ」は、契約書をアップロードするだけで契約書情報を自動でデータベース化し、契約リスク管理体制の構築を実現させる、AI契約管理システム。契約管理体制を実現するためには、契約書を管理する担当者によって、適切なタイミングで、契約の更新拒絶をしたり、契約をまき直したりする必要がある。

しかし、契約書の担当者が正しく設定されていないと、契約の更拒絶期限や終了日が迫った際、担当者不在のままで、適切な対応が為されない。また、これまでは契約書一件ずつに担当者を設定する必要があり、多くの時間を要するだけでなく設定ミスが生じる可能性があった。

担当者一括設定・変更機能のリリースによって、複数の契約書を選択し、担当者の一括設定・変更が可能となる。その結果、契約書が担当者により適切に管理され、契約書の管理体制の構築と、契約リスクの制御を可能とする。

「LegalForceキャビネ」は、AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」で培った自然言語処理技術と機械学習技術を活用することで、自動で契約データベースを作成し、締結済の契約書の管理を自動化するシステム。契約書をアップロードするだけで、自動で文字起こし、契約情報(「タイトル」「契約締結日」「契約当事者名」、「契約開始日、終了日」等)の抽出を行い、検索可能なデータベースに組み上げ、契約書の一元管理を実現すると同時に契約リスクを制御可能にする。

関連URL

「LegalForce」 
「LegalForceキャビネ」
LegalForce 

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  2. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  3. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…
  4. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  5. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る