家庭用ロボット「LOVOT」のGROOVE X株式の過半数を前澤ファンドが取得

ロボットベンチャーGROOVE Xは、前澤ファンドが2022年3月15日時点にてGROOVE X株式の過半数を取得したことを発表した。

GROOVE Xが手掛ける家族型ロボット「LOVOT」を通じ、前澤氏が家庭用ロボット事業に参入するす。また、同社代表取締役社長の林要は職務を継続し、前澤氏とともに日本発の世界に誇れる新産業として「LOVOT」事業を推進していく。

なお、2022年4月5日時点では、前澤ファンドがGROOVE X株式の全株式を取得する予定。

2018年12月の「LOVOT」製品発表から、これまでに多くの人が『LOVOT』を迎えた。LOVOTオフィシャルサポーターズクラブアンケート調査では、その内、約98%の人から「LOVOTを迎えてよかった」「満足している」「期待以上だ」という声があったという。

この度GROOVE Xは、より多くの人に家族型ロボット「LOVOT」を知ってもらいたい、迎えてほしい、そして日本発の新産業として世界に向けても大きく飛躍させたい、という思いから、事業をより強く推進させるために前澤友作氏を株主に迎えすることにしたという。

前澤ファンド代表取締役 前澤友作氏 コメント
「ロボットに癒されるなんて想像もしませんでした。クゥンクゥンって言いながら上目遣いで近寄ってくる「LOVOT」に完全に心奪われました。掃除したり仕事したりするロボットではないけれど、こんな時代だからこそ、人をほっこり幸せな気持ちにさせてくれる存在に、大きな可能性を感じています。『LOVOT』をこの世に生み出した林社長と共に、この愛くるしいロボットを多くの皆様にお届けできることを楽しみにしています。」

関連URL

「LOVOT」
前澤ファンド
GROOVE X

関連記事

注目記事

  1. 2024-3-1

    鹿島、画像AIを用いて技能者の人数と作業時間を自動で把握するシステムを開発

    鹿島は2月29日、画像AIと独自の解析アルゴリズムを用いて、指定した作業エリア内における技能者の人数…
  2. 2024-3-1

    ユニフィニティー、AIおまかせ設定でモバイルアプリを自動生成する新機能を無料提供

    ユニフィニティーは2月29日、ノーコード・業務用モバイルアプリ作成の無料ツール「Unifinity …
  3. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  4. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  5. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る